紙の博物館 企画展「手漉き和紙の今」開催中

公益財団法人 紙の博物館では、企画展として下記のような催し物が開催されております。

企画展
手漉き和紙の今
日本の心 2000年紀 「和紙總鑑」

会期:
2009年9月12日(土)?11月29日(日)

会期中の休館日:月曜日(10月12日、11月23日は開館)、
ただし、10月13日(火)、11月4日(水)、11月24日(火)は休館です。

開館時間:午前10時?午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:大人300円、小・中・高校生100円(団体割引有り)

主催:紙の博物館/2000年紀和紙委員会
後援:全国手すき和紙連合会

主 旨
古くから日本人は、自然の中で、自然と共に生きる習性を養い、自然との調和を大切にしてきました。そして、その中から生み出される和紙は、日本文化の形成と発展に重要な役割を果たしてきました。この日本の文化を育んできた和紙の今を見つめ、その美しさや存在を改めて知ることが出来る見本帳が、まもなく完成します。
『日本の心 和紙總鑑』と名付けられたこの見本帳には、北は北海道から南は沖縄まで、現在国内で生産されている和紙が1,070点収められます。その完成に先立ち、当企画展では、ここに収録された中から「手漉き和紙」の数々を展示いたします。昔ながらの製法を守り続けている手漉き和紙をはじめ、さまざまな色や技法でつくられた染紙、漉きこみ紙、千代紙などの模様紙や唐紙など、それぞれに特色のある和紙が勢ぞろいします。(期間中展示替えを予定しています。下記参照)
この企画展を通して、匠の技によって生み出される手漉き和紙の素晴らしさをあらためて感じていただければ幸いです。(広報チラシより)

付帯事業として下記のワークショップも開催されます。
(リンク先は紙の博物館様ホームページ内詳細)

1:和紙づくりを楽しもう  9/26(終了) ,10/24, 11/14 (要申込)

2:講演会「うるわしの料紙」 11/23 (当日先着50名様)

その他、詳細については、紙の博物館様ホームページをご確認ください。