ふすまの引手

ふすまの種類は材質・色付け・形から多くの種類に分類できます。

高級引手の主な仕上げ方

赤銅(しゃくどう)=漆黒

赤銅(しゃくどう)=漆黒

色付け:燻べ(くすべ)

よく磨いた銅または真鍮地金を、杉の葉や檜、松の鉋屑を燃やした煙に燻べる。これを何度も繰り返し、煙の中の煤とヤニを丹念に付着させる。仕上げには、油、イボタ、秀漆を用いる。伝統的なこの色付けは、高級襖引手の代表的な色仕上であり、他の方法では表すことのできない奥深い味わいがある。本来、赤銅とは銅と金の合金で、緑青、硫酸銅で煮込むことにより、紫黒色の優雅な色調となるものであるが、襖引手では、くすべで色付けしたものを赤銅と呼ぶ。

うるみ=焦茶色

うるみ=焦茶色

色付け:漆塗

漆に松煙とベンガラを加え、丹念によく混ぜたものを、銅または真鍮地金に数度に分けてよく塗り込み、時間をかけて弱火で焼付ける。この色仕上も古くから受け継がれた伝統的なもので、漆独特の深い味わいのある風雅な趣は、現在も幅広く好まれている。

五郎三(ごろさ)=あずき色

五郎三(ごろさ)=あずき色

色付け:漆塗

漆にベンガラを加え、丹念に混ぜ合わせたものを、銅または真鍮地金に数度に分けてよく塗り込み、時間をかけて弱火で焼付ける。うるみと同じく、伝統的な色仕上であり、幽玄とも雅とも感じられる色合いの微妙さから、特に好事家から珍重されることが多い。五郎三という名は昔の職人の名前に由来したものである

素銅(すあか)=オレンジ色

素銅(すあか)=オレンジ色

色付け:煮込み

よく磨き出した銅地金を、緑青、硫酸銅を入れた銅鍋で、時間をかけてじっくり煮込む。仕上には、イボタ、秀漆、ニスを用いる。くすべ、漆塗と同じく伝統的な色付方法であり、仕上がりは、朱の薄い色になり、その微妙な色ぶりが奥ゆかしいあでやかさを醸し出す。

宣徳(せんとく)=からし色

宣徳(せんとく)=からし色

色付け:煮込み

よく磨き出した銅地金(7.3)を、緑青、硫酸銅で時間をかけてじっくり煮込む。仕上には、秀漆、ニスを用いる。仕上がりは、こくのある落ちついたからし色になる。中国、明の宣宗帝の勅により、宣徳三年に製した銅器が、宣徳の起源であり、そこからこの名が由来しているといわれている。

主な鍍金(めっき)仕上

紫古美・銀古美・蓬莱色:銀を下地に各種薬品で着色し、仕上げる。
赤銅めっき・銅古美・古美:銅を下地に各種薬品で着色し、仕上げる。
仙徳(鍍金):真鍮を下地に各種薬品で着色し、仕上げる。
金(鍍金):純金を溶かして王水に変え電気鍍金する。
銀(鍍金):純銀を溶かし、電気鍍金する。

引手製作工程

長木瓜の完成の流れ(右から)

長木瓜の完成の流れ

【1】 胴の部分の地金
【2】 両端にヤスリをかけ片方に切れ目を入れた胴の地金を輪にする
【3】 鑞付けした【2】を型に入れ胴をつくる
【3】 同様にして小座をつくる
【4】 同様にして座をつくる
【5】 地金を裁断して切り揃え底をつくる
【6】 【3】に【5】を嵌め【3】、【4】の順に組み立てる(からくりという)

【2】の鑞(ろう)付け

鑞(ろう)付け

金属の接合に用いる合金で用途により真鍮鑞、四分一鑞等が用いられるが、引手製作は銀鑞を用いている

「玉子」型の胴が出来る流れ左から右へ

「玉子」型の胴が出来る流れ

【2】―1~5型入れ(玉子の場合)

鑞付けした胴を型にいれ形を整えていく

【2】―1
鑞付けした胴を型にいれ形を整えていく

【2】―2
型入れ(玉子の場合)2

【2】―3
型入れ(玉子の場合)3

【2】―4
型入れ(玉子の場合)4

【2】―5
型入れ(玉子の場合)5

周囲の余分なところを切り落とす

周囲の余分なところを切り落とす

再度型にいれ天を丸く曲げる

再度型にいれ

天を丸く曲げる

胴の「天」を丸く曲げるときに使う型

【2】―1~3の工程では右の型に真ん中の型を入れ、その間に形を粗く整えた胴を挟み込み木づちで整えていく。
左の型は胴の「天」を丸く曲げるときに使う型

各作業の様子

小座にヤスリでギザ模様を付ける

小座にヤスリでギザ模様を付ける

磨き上げの作業

磨き上げの作業