ふすま下地の種類

“ふすま”には、いろいろなタイプの芯材があります。

ふすまの内部構造(下地)の違いによる分類

和ふすま
和ふすま

発砲系ふすま
発砲系ふすま

ダンボール芯
ダンボール芯

ペーパーコアー芯
ペーパーコアー芯

骨下地の工程

1.材料の選定

骨の材料には日本の杉(秋田杉、吉野杉など)の天然木であて(傾斜地の木の根の曲がり部分や枝の付け根、風などの強い力を受ける部分に発生する特別な組織)や節の少ないものを選び、柾目(1~ 2 ㎜)ほどの白太の部分を使用する。

2.木取り

表具師の割り出した寸法にしたがって、材料の特徴を見ながら寸法に合わせて框、組子、力子などを大まかに切り揃える。また引手板の部材を作る。

3.矩出し

手押し鋸盤や自動鉋などを使い矩出し(直角の面をだす)をして歩(厚み)をそろえ、平鉋で表面を仕上げる。

4.割込みと組手切り

<組手切り>
中央が膨らんだ組手切り鋸で組子の半分程度を切り込む

<割り込み>
組手切り下中央を鑿でお越ししゃくり鉋で平らにする

割り込みと組手切りを終えた組子

組手(くで)切りした組子を金槌で木の表裏を交互に組む

5.框の制作


横框は入り歯仕上にする


縦框に横框の入り歯を組むための溝を切る

6.組み立て

※5 あらかじめ組んでおいた組子の下穴の位置に合わせて竹釘(地方によっては木釘)で取り付ける(茶室の太鼓襖や金屏風はホゾで止める)。引手板を竹釘で打ち込み取り付ける。※6 最後に鑿で立框と横框の胴付きの周辺のサルボウをとる。

最後にサルボウをとる
下張りの紙の厚みを相殺するために胴付の周辺を鑿でとる

分類

種類 概要 摘要 ふすま紙



本ふすま 在来型の最高仕上げで、部材の大きさや下貼紙・うけ紙の施工法により多くの仕上げ方がある。 何度でも張替え可能。本格的な最高級ふすまの仕上げが可能 浮かし張り 隠し釘
在来ふすま 木製の周囲カマチと縦3本横11本の中子で障子のように組んだ骨地に、下張紙・胴張紙を張ったふすま下地 何度でも張替え可能。全国のふすま施工店で対応可。(社)公共建築協会共通仕様書ふすま?型に対応。 浮かし張り 隠し釘
チップボール
ふすま
従来型の骨地に、下張紙として耐水高圧紙をホットプレス機で張り上げたふすま下地 何度でも張替え可能。組子ふすまの量産対応型。(社)公共建築協会共通仕様書ふすま?型に対応。 浮かし張り 隠し釘
ペーパーコア入 縦・横の周囲カマチと、粗く組んだ中子の間にペーパーコアを入れ、下張紙を張って仕上げたふすま下地 何度でも張替え可能。下地製作メーカーは少ない。中部から近畿の一部地域に普及。 浮かし張り 隠し釘
発泡系ふすま 発泡プラスチックをベースにしてチップボール紙とアルミ箔を貼ったふすま下地 関西から中部を中心に一部普及。2タイプ有り。ふすま椽は下地にはめ込み型で、ボンド付けする。 べた貼り ボンド接着
ダンボール芯ふすま 三~五層位の段ボール紙の芯材にアルミ箔を張ったふすま下地 関東を中心に普及。関西・中部でも見られる。ふすま椽は下地にはめ込み型で、ボンド付けする。 べた貼り ボンド接着
ペーパーコア芯ふすま 木製のカマチや組子は無く、ペーパーコアにアルミ箔とチップボールを貼り付けた下地 関西地方の一部に普及。下地製作メーカーは少ない。ふすま椽は下地にはめ込み型で、ボンド付けする。 べた貼り ボンド接着
単板ふすま 周囲カマチの中に横桟を15~20本入れたものを骨組とし、両面に単板(薄くむいた木の皮)を貼ったふすま下地 何度でも張替え可能。
中部地方特有。全体的な供給量は少ない。
浮かし張り 隠し釘