ふすまのデザイン貼り

ホーム > ふすまのデザイン貼り

ふすまのデザイン貼り

自由なデザインで個性的なふすまに

ふすまは一枚の表紙で張り上げるのが一般的ですが、素材や色相の異なるもので貼り重ねたり、一枚の紙をわざと小さく切り離し再び継ぎ貼りすることで、模様の配置や図柄を自由にデザインして個性的なふすまに仕上げることができます。

素材や図柄、施工方法は仕上がりの風合いだけでなく、施工価格に影響しますので事前に施工業者とよくご相談されることが大切です。

図柄の配置

基本的な図柄の配置は総模様、腰模様、帯模様、袖(ソデ)模様に大きく分類することができます。単調な模様でも素材や色調で全く趣の異なるふすまが仕上がります。横に長い図や水平の直線は落ち着いた感じを出します。一方縦に長い図や斜めの線は躍動的です。和室の場合いずれも良く合いますが、洋室や廊下側の場合は和室に比べ視線が高い位置にあるので、図柄を少し上に上げたり、縦に変化をつけて思い切った図柄にすれば、個性的なすばらしい部屋になります。

基本パターン

応用パターン

素材

切り貼りするため和紙が一番適しています。手漉き和紙には色や風合いともすばらしいものが沢山あります。織物ではできるだけ繊維の細いものの方がホツレがなく綺麗です。素材は限定されるものではありませんが、事前に施工業者にご相談されることが大切です。

色調

ベージュやシルバー系統などで統一すると落ちついたものに仕上がりますが、茶と黒の組合せや朱色、からし色、柿渋、緑、青、黄色など色の濃い紙を大胆に使うのもおもしろいです。また日本独特の色の組合せも、とても良い風合いのに仕上がります。

施工方法

ベースとして一枚の紙を全体に張った後、その上に別の紙を重ね貼りしていく方法や、小さい紙をジョイントしていく方法などがあります。またジョイント部を強調するために紙の境目に3〜5?位のスジを取れば、より高級感のある製品に仕上がります。

【 1 】

引手帯模様の変形です。和室側に比べ、リビング側の場合は視線の位置が高いため、図柄を中央に入れることで広がりのある落ち着いた意匠となります。手掛かりもポイントです。素材が紙の場合はベースになる紙を全体に張ってから重ね貼りをしますが、今回は素材がビニールクロスですのでベニヤ下地にベタ貼りします。図柄はベニヤなどで型取りし、これを定木代わりにしてクロス施工と同じ要領で重ね切りして仕上げます。

【 2 】

中連の押入れ両開きと地袋が2ヶ所並んだ仕様で、変化をつけるために市松風に貼り分けしたものです。チョットした工夫で違和感がなくなり個性的な部屋に仕上がります。仕上げの手間は特に掛かりませんし、紙も無駄になりませんので製品価格は通常とほとんど変わりません。

【 3 】

紙の貼り分けもここまですると大変手間が掛かります。直線をいかに綺麗に出すかがポイントで、下地を4枚並べて図柄の位置決めをします。しかし実際に貼るとき糊を付けると紙が伸縮するので注意が必要です。またあまり何枚も重ねて貼ると反りの問題もあり、貼り上げていく順番にも注意します。もう少し単調な図柄の場合は紙のジョイント部を3?程度の隙間をあけ、境目を強調するために別色でスジを入れることもあります。

【 4 】

素材が紙の場合は、ベースになる紙を張った上に中央部を貼り重ねますが、今回はビニールクロスですので芯材をベニヤで作り、ジョイント部は重ね切りにします。両開きの場合、中央に縁が2本はいるので柄のつながりに注意が必要です。今回の場合は壁からの連続柄ですので、内装工事が終わってから現場に芯材を搬入して柄位置を確認します。曲線の断裁は船形包丁かメス刃カッターを使用すれば自然な曲線になります。普通のカッターでは切り口に角ができて綺麗に仕上がらないことがあります。

【 5 】

柿渋紙の規格寸法が足りないための苦肉の策のデザインですが、あえてジョイントを見せる張り方をすることで趣のあるものになります。ジョイントの位置も左右に変化をつけています。両サイドは同じ柿渋紙でも色の濃いものです。今回の柿渋紙は薄手のものでしたので、上新鳥の子で全体に上張りをした上にベタ貼りします。下から順に張ってジョイントは重ね貼りをします。重なりは7〜10?程度。出来るだけ同じ巾にします。

【 6 】

市松は基本的な図柄ですが、素材や色の組合せによって風合いが全く変わります。
今回は中連の押入れふすまですので少し小さめの市松です。また仕様は縁のない太鼓ふすま仕上げです。ベースを張った上に重ね貼りをしますが、直線を真っすぐに出し、それぞれの角をいかに綺麗に出すかがポイントです。糊付けしたときに紙の伸縮がありますので、結構手間が掛かります。ちなみに今回の配色は焦げ茶とオレンジでした。

デザイン

デザインのパターン(PDF・592KB)

このページのトップへ戻る

カレンダー

資料